2010年03月16日

「密約」有無、政府見解出さず=岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は12日午後の記者会見で、核持ち込みなど日米間の密約を外務省の有識者委員会が認定したことに関し、「マル、バツ、サンカクとレッテルを張るのはそう簡単ではない」と述べ、現時点では密約の有無をめぐる政府の公式見解を出す考えはないことを明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<前原国交相>4党案に修正必要の考え示す 国労不採用問題(毎日新聞)
「風通しの良い日弁連に」宇都宮・次期会長抱負(読売新聞)
「社会保障への注力で平和に」―日医・唐澤会長(医療介護CBニュース)
准看受験可など提言―EPA受け入れで四病協(医療介護CBニュース)
仕分け第2弾、歳出の大幅削減は期待薄(読売新聞)
posted by ツシマ ショウイチ at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。