2010年02月02日

普天間移設「あらゆる選択肢」=答弁書を閣議決定−政府(時事通信)

 政府は26日夜の閣議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「官房長官を長とする沖縄基地問題検討委員会で、特定の前提を置かず、あらゆる選択肢を幅広く検討している」とする答弁書を決定した。公明党の浜田昌良参院議員の質問主意書に答えた。
 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は、同県名護市に移設する現行計画を除いた県外移設を求めているが、同日の閣議で現行計画も含めて検討する政府の基本方針に同意した形だ。
 また、答弁書は「沖縄県民の気持ちを何より大事にしながら、過去の日米合意や連立政権合意を踏まえ、米国とも調整して理解を求めた上で、5月末までに政府として結論を出す」と明記した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

<普天間代替>退路断たれた政府 「5月決着」微妙に(毎日新聞)
事務所から2000万円押収=一斉捜索で東京地検−小沢氏資金、広範に捜査(時事通信)
未納保育料と相殺可能に=子ども手当で市長会決議(時事通信)
春の訪れ、早めか=気象庁3カ月予報(時事通信)
「斟酌理由ない」に抗議=官房長官、民意尊重と釈明−沖縄選出議員(時事通信)
posted by ツシマ ショウイチ at 01:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。